棲み家は森の中

富士山山麓の小さな山荘に棲み始めました。深い森の広がる静かな環境で生活をしていると、森の声が聞こえてきます。

リフォーム

障子が完成しました。

ようやく障子が完成しました。完成写真がこちらです。 マス目は正方形に近く、大きめに作ってあります。小さく作ると加工の量が多くなり大変なのと、吉村順三さん(著名な建築家)の障子の様式が好きで以前にも作ったことがあります。この吉村障子は、大きめ…

障子を作っています。その2

障子用の窓枠ができたところで、つぎに障子の外枠を作ります。 障子の外寸=高さ✖幅 をまず決めて行きます。 外寸高さ=上溝と下溝の間隔ー滑るためのあそび となります。 ここで上溝を形つくっている角材は9✖15mmを使っているので、あそびは約半分の8…

障子を作っています

我が棲み家の窓は、すべてがアルミサッシとカーテンの作りになっています。カーテンは夏には使いやすいのですが、冬になるとガラスで冷えた空気が下りてきて寒さが半端でありません。寝てると顔が冷えてきて目が覚めてしまいます。 今年の越冬のためには、一…

冬越しの準備

棲み家のある富士山麓の冬の寒さは、かなりなものがあります。河口湖の湖畔よりもさらに上がってきて標高は1200mくらい。寒いときは-10℃以下になるそうです。寒冷地の基準と照らし合わせると、北東北から北海道の寒さに相当します。残念ながら、私は…

浴室の水漏れ修理が完了しました。

先日、埋め込んだセメントが乾燥したので、業者さんに塩ビ管のカットをしに来てもらいました。写真はダイヤモンド砥石で塩ビ管をカットしているところです。カット面をなめらかになるように磨いて完成です。 浴槽を戻す前に、以前から気になっていたコンクリ…

浴室の水漏れ修理 その2

業者さんによる塩ビ管の延長につづいて、セメントによる孔埋めを行いました。孔を埋めるためには、基礎コンクリートの下側から出ている塩ビ管の周辺を塞がないといけません。手近に断熱材の残りがあったので、これをセメントのストッパーに使い、下から材木…

水漏れの原因と修理

浴室からの水漏れの原因は、浴槽を取った状態でよく見ると次の写真のようになっていました。コンクリートにはトラップの様なものがかぶさっており、取ってみると金属の皿と排水用の塩ビ管があらわになりました。お皿には塩ビのパイプが装着されているのです…

浴室排水の水漏れ

我が家は30年以上まえの建物です。寒冷地でもあり凍結でいろいろなことが起こります。引っ越しして半年ほど経ったころに、浴室の排水管から水漏れがあることに気づきました。浴槽の栓を抜くとジャバジャバと水の落ちる音がしたので調べたところ、コンクリ…

トイレの内装が完成しました

ようやくトイレの内装が完成しました。我が家のリフォーム工事の最初として、トイレから始めました。面積は小さいのですが、断熱材を施工して、天井、壁、床の工事から、照明とコンセントの電源工事まで含まれていて、これから進めるリフォーム工事のいい練…

寒冷地のトイレ事情 今昔

ここ富士山麓は、冬にはマイナス10℃以下になる寒冷地です。そのため凍結対策をしっかりやっていないと水道管が破裂したり、使えなくなります。昨年は、我が家でも水抜きをして出かけたのですが、戻ってきたら凍結してまったく使えなくなりました。幸いにも…

ポストを作りました

パインの端材が残っていたので、ポストを作りました。デザインは、我が家のモチーフの家形にしました。今回の屋根の部分は、かなりうまく作ることが出来たようです。 扉を取り付け、塗装します。投入口にはアクリル板を丁番で取り付けます。木目を生かすため…

キッチン棚をつくりました

キッチンの収納が少なく使いづらかったので、キッチン棚を作りました。 デザインは家形にしました、屋根のところは斜めカットでひとくふうです。 キッチン棚を取り付けるとフライパン掛けが欲しくなり、作成しました。 現在の使用状態です。かなり使いやすく…

畳から無垢のフローリングへ

山荘には6畳の和室が2部屋あります。そのうちの1部屋を洋室にリフォームすることにしました。断熱材を入れて冷えを和らげ、無垢のパイン材を用いて足に暖かいフローリングを計画しました。昨年の11月に始めてから今年の4月まで掛かりました。 工事は、床…

こたつを作る

ここ1200mの高地では、冬はかなり冷えます。寒いというよりも冷えると言う感じ。雪はそれほど降りませんが、マイナス10℃以下にまでなるそうです。我が家でも室内でマイナス3℃を記録しました。ストーブとテーブルだけでは冷えるので、仕事もできるような足高…