棲み家は森の中

富士山山麓の小さな山荘に棲み始めました。深い森の広がる静かな環境で生活をしていると、森の声が聞こえてきます。

障子作り3作目-桟つくり

 いよいよ障子つくりも再開し、肝心かなめの桟作りとなります。材料は12㎜角の桧を使います。ところで今回の桟の加工寸法はすべて現物合わせになります。

 まずは材料を前回作った桟受けにいれて長さをマークしておき。

 マークにそってジグソーでカットする。

 枠に入れてみると当然ぴったり嵌る。これが現物合わせの極意。

 同様にして、縦桟を2本加工したら、次は横桟を同じように3本カットする。

 できあがった桟を仮置きして様子を見て、よかったら、桟に番号を付ける。

というのもここから先は、縦と横の配置は固定され、入れ替わりはできないため。

 縦桟にはイロハで、横桟にはナンバーで隠れるところに書き込みます。

 さてこれからは、格子の交点となるところを加工していきます。まずは仮置きして。

 縦桟を案内にして横桟に鉛筆でマークする。つぎに下側から横桟を案内にして縦桟にマークをします。このように交点のところを現物に合わせて寸法を取っていきます。

 つぎにマークしたところをトリマーで削っていきます。深さは半分の6㎜。

 写真は溝を削ったところ。隣同士の溝は上と下の交互になります。

このように全ての格子間で交互に組み合わせることにより、組み立てた時にばらばらに分解することを避けられます。むしろテンションが掛かっていて丈夫になります。

 ひととおり溝加工が終わったところで、格子を組合せながらフレームに入れると一枚目が完成。

 つぎに2枚目も同じように加工をしていく。

縦桟ができて。

 横桟ができ。

 溝入れ加工をすると。

 一組の桟加工ができあがります。

 入れ子になった格子を組み立てて行くと。

 2枚目が完成。

 ようやく、1セットが揃ったー!

 おもむろに、室内に持っていき窓枠に嵌めると。うまく収まった。良い感じ。

 細かい作業が続いたのも、ここで一息。

次回は塗装となります。

ではまた。

冬景色

 このところ寒いですね。予報で大寒波が来るというので、しばらく本拠地に避難していました。雪が降った後に道路が凍結すると、下り坂では四駆でスタッドレスをはいていても滑る感覚があり、なかなか慣れません。

 ようやく昨日、気温が上がってきたのでそろそろと運転しながらやってきました。今朝の温度は、室内でDKは1℃、寝室は7℃でした。寝室にしている洋間は、断熱材と無垢材によるリフォームが進んできて、かなり効果が出てきています。寒くなったら電気ストーブを弱に入れるぐらいで熟睡できるようになりました。

 さて写真は、今朝の陽が昇ってきたところで散歩にでかけたときの冬景色です。

森の中の様子。雪がところどころ残っています。

我が家の前の道路はまだ雪が残っています。

 階段を登っていくと。陽が当たっているところでは雪は溶けています。

 今朝の富士山は、寒そうな風情でした。

 ではまた。

障子作り3作目-桟受け加工

 前回はフレームの接着をしたところです。さて今回は、フレームの内側に障子の桟を受けるための桟受けを加工していきます。この桟受けの数と配置は障子のデザインに直接関係してきます。出来上がりの障子をイメージして、自分の作りたいマス目の大きさと桟の配置を決めていく必要があります。言ってみれば、DIYで一番楽しい時間です。

 写真は前日に接着の固定をしてから、一日後に取り外して確認したところです。しっかりと接着されていて問題なさそう。

 今回の障子は、横3マス縦4マスで作ることにしました。わりと大きめのマスでゆったりと作ることにします。そうすると桟の総数は(2+3)✖2枚分 となります。桟の材料は桧の12㎜角材で作ることにしました。前回の9mm角よりも太目にしてみます。さて、出来上がりは、どういう感じになるでしょうか? 

 まずはフレームの内側に桟受けをケガキます。切り込みは5㎜程度。深さは12㎜。 

 トリマーの刃を材料に突き当てて、高さの目盛りを測って置いて。

 そこから4㎜突き出して。

 けがきに沿って削っていくと。

 4㎜の深さで切り欠きができる。

 また目盛りを見ながら、さらに4㎜ベースぺレートを上げて、削っていく。

 削り終わると約8㎜深さの切り欠きとなる。

 このようにトリマー加工では刃や材料を痛めないように3~4㎜程度の切り込み深さで加工しなければならないので、繰り返して削る必要がでてきます。

そこでさらに、もう一度深さを調整してトータル12㎜になるように設定して。削っていくと、桟の高さと合って来る。

 そのあとは、角の丸みをノミで整形して。

 ペーパーヤスリで磨いてバリを取ると。

 ぴったりと桟が収まる。

 この作業を10回繰り返すと、ようやく一枚が完成。

ところで写真で見ても目立ちませんね。ここはけっこう細かい作業で大変なのですけどね!

 ということで、もう一枚のフレームもこつこつと加工して、ようやく一組のフレームが完成。

つぎは、いよいよ桟作りです。

ではまた。

障子作り3作目-フレーム接着

 さて今回はフレームの接着工程です。

新しく障子を作る場合には、フレームは直角を出しながら組み立てるのでしょう。しかーし、古い家屋でカーテン付けの窓に後付けの障子を作るときに、どのようにして隙間なく組み立てるか?と考えて思いついた案が、窓枠そのものを接着の突き当てとして使えばよいという事でした。

 それでは始めていきます。まずは、ほぞ組みのところに接着剤を塗布します。

 使うのは木工用のエポキシ接着剤。滴下したら。

 竹ひごでぬりぬりして、伸ばしていきます。

 溝のところも接着剤を押し込んだら。

 竹ひごでぬりぬり。

 ホゾ組みを嵌め込んだら、はみ出した接着剤をふき取ります。

 4隅のホゾ組みを合わせたところで。接着部分にサランラップを切って被せていきます。これをやらないと後で大変なことに。窓枠とフレームがくっついて離れなくなる、ということが起こります。

 敷居の上にも、接着剤が当たりそうなところにはサランラップを敷いていきます。

 さて準備が出来たら、サランラップが吹き飛ばない様に、息をしないで、慎重にフレームを窓枠に嵌め込みます。

 そのあとが肝心。材木の端切れを使い、上端と下端につっかい棒を作り窓枠に押し付けます。写真の様に、つっかい棒とささえ棒をうまく組み合わせて作ります。このためには前もって作戦を立てて確認していますが、ああだこうだと思わず真剣になってしまう!

 さて、もう一組も。接着剤を塗布したら。

 嵌め込んで。

 サランラップをかぶせて。いやー、台所のサランラップは活躍してますねー。

 今度は、フレームは右側において、左からつっかい棒をする。

 出来上がった全体像の写真。

テンションが掛かっていることを確認し、接着剤のはみだしも拭いたら完了。これで、一服お休み。

 やってみると、現物合わせの奥の手は、意外と楽で確実です。

ではまた。

障子作り3作目-トリマー加工

 前回の記事で障子のフレームが出来ました。今回は、レールの中でうまくスライドする様に上下のフレームを削っていきます。2作目の時には上部は角材を貼り付けて作っていたのですが、今回はトリマーで削り出して一体物で作ります。手間がかかりますが、丈夫になるのと寸法の自由度が大きくなる利点があります。

moribito70.hatenablog.com

 ところで今回の加工の途中で長年使っていたトリマーが故障したため、新品を通販で購入しました。機種はマキタのM373。DIY用として販売されていました。取り出してみたところなかなか良さそうな面構え。

 前回の仮組していたフレームをばらして。上側のフレーム材に切削の寸法を記入したところ。

 トリマーに取り付けたガイドを使い、当て木にあてながら削っていきます。ずーと押し付けながら削っていくと溝が出来てくる。

 出来上がったところ。室内にもってきて、窓枠に入れてみる。滑り具合が悪いときには、幅を狭めたり深さを削り込み、調整を重ねる。ここは現物に合わせるのが一番。

 さて上下が出来たところで、フレームを組み立てて嵌り具合を確認。

 もう一組を同様に、ああだこうだしながら作ったら、2組共に窓枠に入れ、収まり具合を見てみる。まあー良いんじゃないかな。隙間は隙間テープで塞げばいい。

 ということで2組のフレームが無事窓枠に収まった。センターの重なりもよさそう。

 ここまで来ると、少しづつ進んできたのが目に見えてくる。
つぎはフレームの接着工程です。

ではまた。

障子作り3作目-フレーム作り

 こんにちは。明けましておめでとうございます。今年も何やかやとDIYをしながら森の中の生活を綴っていきますのでよろしくお願いします。

正月は本拠地でゆっくりしていました。しばらく休んでいると仕事をしたくなり、今週から富士山麓の山小屋に移動して過ごし始めています。こちらでは朝の室内でー1℃位まで下がり、体も引き締まります。

 さてそこで、障子つくりも再開。本体のフレーム作りから始まります。

使うのは24㎜角の集成材。フレームは2組を作り、センターで角材の厚さ分だけ重ねます。

従って、フレームの幅は重なりを作るために(窓枠の幅+24㎜)/2 となり。

一方、フレームの高さは隙間を取るために、窓枠の高さー10㎜ とします。

材料をそれぞれの長さでカット。2組分で8本。

 カットしたら、ホゾ組みのためにケガキます。

 ジグソーでケガキに従い切り込みを入れていきます。このとき鋸刃の厚さを考慮して切り込みのエッジがケガキに重なるように慎重に刃を入れていきます。

 切り落とすところは切り落とし。

 孔を開けるところはノミで落とすと。

 それぞれの切り込みを組み合わせて確認するとフレームの外形加工が完了します。

加工が上手くいくとガタもなくスーと入っていくのですが、これがなかなかに難しい。今回は、まあーそこそこの出来かな。ノミのカットが乱れている。

 つぎは、レールに入れて滑らせるために、フレームの上下を削るトリマー加工となります。

ではまた。

障子つくり3作目ーレール作り

 今回は障子が滑るレール部分を作っていきます。いわゆる和室の作りでは、下側は敷居、上側は鴨居と呼ばれている部分のレールにあたります。 

前回の記事では、窓枠部分の拡張をしました。

moribito70.hatenablog.com

 さて加工を始めるまえに、グラフ用紙に寸法の取り合いを設計する必要があります。材料も出来るだけ既存のもの=加工材として売っているもの、を使って手間を減らす。かつ嵌め込みが出来て、スムーズに動く様な寸法の取り合い。ということで。

障子のフレームを作る角材は、24㎜角の加工された集成材。

下レールは深さ3㎜。上レールの深さは15㎜。

浅い下レールは、トリマーで溝を掘って作る。

深い上レールは、9㎜✖15㎜の角材を使って貼り付ける。

などをざっくりと決める。

 そこで下レールを作るための板材を探して見つけたのが、桧の板で12㎜厚✖70㎜幅のもの。まずは窓枠の長さでカットします。隙間が出来ない様に。できるだけピッタリになるように、鋸刃の厚さを計算して切っていきます。

 レールの溝は、幅18㎜深さ3㎜の溝を2本作ります。掘るためのビットは6㎜径のストレートビットなので、ずらしながら3~4回繰り返して掘ることになります。写真はトリマーとビット。トリマーにはガイドが取り付けてあります。

 このガイドを当て木にあてて滑らせていくと、ビットの突き出し量だけ削れて行きます。少しずつずらしながら削っていき、なんとか2本のレールが出来上がる。

 どーもまだまだトリマー加工は苦手で、直線の溝掘りにも、ジグの工夫が必要な様。

 つづいて、ペーパーヤスリで磨いてー。

 最後に、ごみの掃き出し部分を削り込むとー。完成。

 窓枠に嵌め込んでみるとぴったし。結構うまくできた。

 さて次は上レール。材料は桧の角材9✖15㎜を3本。カットして磨く。

 つぎに、隠し釘を3~4か所にあらかじめ打ち込み。窓の傍まで持ってきて、裏側に接着剤をぬりぬりしたら。

 上側の窓枠に隠し釘を打ち込む。

 つぎに2本目の角材も同様に。接着剤をぬりぬりしたら、スペーサで間隔を取りながら釘を打ちつけ固定する。

 3本目も同様に、接着剤をぬりぬりして、今度は寸法を測りながら、釘で打ちつけると。

 接着剤のはみ出しを拭いたら、上側レールが完成。

 つぎは前に作って確認していた下レールを持ってきて。

窓枠の下側に接着剤をぬりぬりして。

 そろそろと下レールの板を降していき。

 位置を調整したら、隠し釘を打って固定。

 これで、下レールの取り付けも完了。

 さて、上下のレールが付いて窓枠は完成したところで。

つづきは来年となります。皆様よいお年を❕

ではまた