棲み家は森の中

富士山山麓の小さな山荘に棲み始めました。深い森の広がる静かな環境で生活をしていると、森の声が聞こえてきます。

いよいよ週末は零度の予報

 明日からの週末は、河口湖で最低気温が零度の予報がでました。ここ数日天気が良く暖かい日が続いていましたが、いよいよ零度に突入の見込みです。

 最近、凍結対策の一環として、朝の外部と室内の気温を測っています。

今朝の7時半の室内は、8℃、64%でした。

ところが、以外にも、屋外の気温は、10℃、45% でした。屋内よりも暖かい?

何故? と思いましたが、なるほどとガッテンがいきました。

 このところの寒さで、棲み家の近くは、紅葉は終わり木々はほとんど落葉してます。おかげで、日が昇るとともに、陽があたりはじめ、7時半にはすでに暖かくなり始めていました。写真はベランダへの日当たりの状態です。作業台の上の小さな丸いものは、ダイソーで買った温湿度計です。朝陽があたっています。

f:id:moribito70:20211112204817j:plain

 棲み家の前の森の様子です。夏と比べると、はるかに明るいのです。冬の落葉した森は、明るくてすがすがしく感じます。

f:id:moribito70:20211112205334j:plain

 6月の森の様子。緑が濃く、深い森の中といった風情です。

f:id:moribito70:20211112205739j:plain

 とはいっても河口湖より低いのは確実で、日の出前の早朝には零下になるかもしれません。

 今晩からは、凍結対策のため、各蛇口は通水しておき、トイレは流動式のレバーを入れておくことにします。

ではまた。